今すぐ確実に退職したい方、
実績経験豊富の我々にお任せください!

弁護士が対応。
とにかく安全第一

退職するのに早い・安い・簡単を実現化!
100%丸投げOK(全国対応)

〈専門弁護士だから安全、安心〉
今の時代、退職代行に頼むのは当たり前(認知)の時代になってまいりました。
ほとんどの会社は辞めると言った瞬間に、手のひらを返したように冷たくされ、敵意さえ感じさせる場合もあるほどです。昨日の仲間が今日の敵にもなるのです。
そんな会社の精神的悩みを解決するために、退職代行業務からトラブル交渉、未払い金回収まで弁護士がワンストップで行います。
我々弁護士が直接対応する「安全退職代行サービス」はあなたが辞めた後も法的にしっかりとサポートを行いますのでご安心ください。
もう二度と悩まずに新しいステップに進むことが可能です。
※弁護士は法的に弁護士法第23条で秘密保持義務が課されています。


〈悪徳退職代行業者にご注意を〉
弁護士資格がない退職代行は会社に損害賠償請求された場合など対応ができません。
逆に損害賠償され多額を請求され困難になっている方が非常に多発しております。
またこんな大事な秘密を握られたり、漏洩される恐れがあります。
※弁護士資格がない者が代理、仲裁行為を行うと弁護士法第27条、72条において刑事罰対象になります。



こんなことで悩んでいる方に朗報

  • 残業が多くて体力、精神的にもう限界の方
  • 今すぐ辞めたいが、上司に相談できない方
  • なかなか辞めさせてもらえない方
  • 上司からひどい強要やパワハラなどを受けている方
  • 人手不足や忙しいため申し訳ないと思っている方
  • 何処に相談したらいいか困っている方
  • 退職代行サイトが多すぎて迷っている方
  • 情報が漏洩されたら困る
  • 出来れば、円満退職したいと思っている方
  • 今すぐ辞めたいが、上司に相談できない方

安全退職の特徴

ここが安全!

  • 法律のプロ(弁護士)に検討段階で相談が何度でも無料!
  • 退職代行の着手金は弁護士が行う破格の54,000円(税込)
  • 依頼した直後から一切連絡は取らなくてもOK!
  • 万が一、損害賠償請求されても弁護士だから100%安心。
  • 即日から誰にも会わず、会社にも行かずに円満退職が可能。
  • 弁護士に丸投げなので、再就職の準備に専念できる。
  • 今までの未払給料や残業代、退職金等ももちろん回収可能。
  • 弁護士は法律上、弁護士法第23条で秘密保持義務があります
  • 退職代行の着手金は弁護士が行う破格の54,000円(税込)

比 較

料 金
New
退職代行業務
相談料/0円
着手金/54,000円(税込)
実費(郵送料など)
※未払いの給料・残業代・退職金等の回収業務は含まれません。
下記の別途オプション(安全回収)業務になります。
New
未払い給料・残業代・退職金等の回収業務
+ 上記の退職代行業務契約の方限定オプションサービス
初期費用(相談料、着手金/0円)
完全成功報酬型/経済的利益の20%
例)500万円回収した場合20%(100万円報酬)
1円も回収できない場合は実質0円です。

実 績
成功率100%

今までに約900件の実務実績のを行ってまいりましたが、時間はバラバラですが最終的には100%の退職まで至っております。万が一退職できない場合は全額返金させていただきますのでご安心ください。
顧客満足度94%
※弊社独自調査による
今までに約900件以上のご相談と、約270件の実務実績の経験からお客様に調査をしたところ
ほぼ全員の方にご満足いただける結果となりました。本所は今後もお客様のスムーズに行く退職代行サービスを心掛けてまいります。

よくある質問

Q:本当に退職できますか?
A:法律上、従業員には会社を辞める権利があるため、必ず会社を辞めることができます。
※民法627条1項、民法628条
ただ、今までの人間関係や仕事量などから退職を中々言い出せない方に代わって円満退職を代行するサービスです。
Q:会社などから連絡は来ませんか?
A : 受任後すぐに担当弁護士が会社に対して、「今後の一切の連絡は弁護士を通じて行うように」と通達いたしますが、まれに電話やメール、LINEなどがいく場合がございます。その時は「担当の弁護士に委任していますので、弁護士と話してください」と言って、電話を切ってしまって大丈夫です。
Q:両親に知られてしまいますか?
A:両親に知られたくない場合は事前にお伝えください。護士から、会社に対して、「退職の事実は個人情報なので、両親及び第三者には漏洩しないように」と伝えます。個人情報なので会社からご依頼者様のご両親に連絡が来る可能性は低いです。
Q:社員証、健康保険証、キーなどの返却物や源泉徴収票、離職票、社会保険などの後処理はどうすれば?
A:担当弁護士にお伝えいただければ、代わって対応いたします。直接送っていただいても構いませんし、年金手帳、離職票なども指定の住所に送るよう伝えます。
Q:有休消化は可能ですか?
A:法的には残っている有給休暇はもちろん消化可能です。
残っている有給休暇は、退職代行の依頼時に弁護士に伝えてもらえれば、弁護士が有給休暇の消化の申請をあなたに代わって行います。
※会社が有給休暇分の給与を払わない場合に、会社に対する未払い請求を依頼する際は、退職代行サービスとは別の依頼として料金が発生します。
Q:会社から借金をしていますが退職可能でしょうか?
A:もちろん可能です。法律上、会社を辞める権利はございますのでご安心ください。それも含めて弁護士がすべて対応いたします。
Q:社員証、健康保険証、キーなどの返却物や源泉徴収票、離職票、社会保険などの後処理はどうすれば?
A:担当弁護士にお伝えいただければ、代わって対応いたします。直接送っていただいても構いませんし、年金手帳、離職票なども指定の住所に送るよう伝えます。

退職までの流れ

STEP 1
打合せ、受任(契約)
無料相談において、弁護士と打ち合わせ、ヒヤリングを行います。様々なご要望や不安、ご質問等をお聞かせください。そしていよいよ弁護士に受任(契約)します。※秘密は必ず厳守いたします。
STEP 2
お振込み、交渉開始
受任(契約)が完了し、入金確認が完了すると弁護士が作業開始いたします。代理人になった通達を行い、退職代行作業(離職票等手配)や場合によっては未払金回収作業もオプションで行います。

STEP 3
手配・業務完了、円満退職
いよいよ最後の大詰めになります。会社から預かり物の対処や、社会保険、年金手帳などの送付段取り、未払金等の話がまとまるとほぼ終了になります。
晴れて無事円満退職、未払金回収完了となります
STEP 3
手配・業務完了、円満退職
いよいよ最後の大詰めになります。会社から預かり物の対処や、社会保険、年金手帳などの送付段取り、未払金等の話がまとまるとほぼ終了になります。
晴れて無事円満退職、未払金回収完了となります

ご相談フォーム(完全秘密厳守)

営業日2日以内に担当者より折返しのご連絡をいたします。
※個人情報については、弁護士法第23条で秘密保持義務が課されていますのでご安心ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

弁護士、事務所案内

サイト名
安全退職ドットコム anzen-taisyoku.com
名 称
弁護士
小林総合法律事務所
小林 博孝
所属弁護士会
第二東京弁護士会No.22230
業務内容
サービス
退職代行業務
未払給料・残業代・退職金 等の請求
住所
〒105-0012
東京都港区芝大門1-1-21成和大門ビル5F
お問合せ
メール
info@anzen-taisyoku.com
所属弁護士会
第二東京弁護士会No.22230